シリコンバレーUIUXデザイナーによる、稼げるフリーランスのすすめ

こんにちは。ママまりです。ご覧いただきありがとうございます。

Uncategorized

私は2014年に主人の駐在の帯同でサンフランシスコに渡米しました。当時は英語力ゼロ、ITリテラシーゼロ、デザイン未経験でしたが、シリコンバレーに住んだことでITによって世界が移り変わっていく様を見てきたことや、子供が生まれたことがきっかけで自分の人生を改めて考えるようになり、子供の頃から好きな、”ものづくり” と、サンフランシスコで見てきた”テクノロジーによるイノベーション”に携わりたい気持ちが強くなり、30才でキャリアチェンジに挑みました。

2021年、いまだに苦手意識のある英語に挑戦しながらフリーランスとして働いています。

このブログでは0歳と5歳の2児のママの視点で、日米でフリーランスで働くこと、アメリカで就職すること、サンフランシスコのプロダクトデザイン養成所で習ったこと、就職や勉強を通じて学んだことなど、私自身に伝えたい事を書いていきます。

感謝の気持ちを忘れずに。これからも自分らしく働いていけるように頑張ります👦

略歴:

20XX年 女子大の建築デザイン学部卒(東京)
20XX年 新卒から営業5年(東京)
2014年 カリフォルニアサンフランシスコへ移住、IIC語学学校1年半
2016年 サンフランシスコにて第一子出産
2018年 グリーンカードに切り替わり就労可能に、レストランサーバー1ヶ月<アルバイト>、アメリカ企業でGoogleベンダーの日系アナリスト6ヶ月<フルタイム>
2019年 サンフランシスコのプロダクトデザイナー養成所Tradecraft卒業<フルタイム>、日系IT企業アメリカ法人にてUIUXデザイナー<フルタイム>
2021年   日本にて第二子出産、テキサスの北ダラスに移住、フリーランスデザイナーに。

UIUXデザイナーの仕事

>UIデザイナーの仕事: UIとは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、ユーザーと製品・サービスとの接点のことを指します。UIデザイナーの仕事は、ユーザーと製品・サービスとの接触がスムーズにいくデザイン、簡単にいえば「使いやすい」デザインを実現することです。 例えばWebサイトなら、商品がすっきり整理された構図、きれいな写真、見やすいカラーリング、最適な文字の大きさ、使いやすい検索機能などを意識して、ユーザーにとって使い勝手のいいサイトを目指します。

>UXデザイナーの仕事: UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、ユーザーが製品やサービスを使った際に得られる体験のことを指します。UXデザイナーの仕事は、このユーザー体験に焦点をあて、「使って楽しい、心地いい」と思われるデザインを作ることです。 ユーザーに「使って楽しい、心地いい」と思ってもらうために、優れたUIは欠かせません。しかし、ユーザーの満足度には、商品のクオリティやカスタマーセンターの対応など、UI以外の要素も大きな影響を与えます。 それらサイトの見た目以外の要素も考慮して、「どうすればよりユーザーが満足する体験を提供できるか?」を考え、ユーザーインタビューやマーケティング、サイト解析などを行いながら、サービス全体の設計をデザインするのがUXデザイナーの仕事です。

(マイナビより引用)

タイトルとURLをコピーしました