ブログ100記事更新

転職・フリーランス

12/23にアメリカでのUIUX職を退社し、3/25に第二子が産まれるまで毎日ブログを書くことにしました。実質日数は80日しかないのでどこまでできるか分かりませんが。ブログのプロのまなぶさんがおっしゃる重要ポイントと、自分にも活かせそうなテクニックをまとめました。

ブログ記事の書き方のコツ
その1, いきなり書かない
その2, まずは設計
その3, 箇条書きでも良い
その4, 文章は必要最低限
その5, 読者の心境を想像

引用:まなぶさんより

Step1:設計を箇条書きで書いていく

記事の書き方
1、問題提起:読者が抱えている問題を明確に
2、結果の明示:記事を読む価値、解決策
3、結果の根拠:記事の根拠や信頼性
4、行動:読者の行動(マネタイズ設計)

引用:まなぶさん

箇条書き→肉付け

まず3段くらいの階層構造で、目次に対して箇条書きを作り。その後読み易く文章肉付けしていきます。

1、問題提起:読者が抱える問題を考える、キーワードを検索

友達の悩みに向けてのアドバイスをイメージ(ペルソナを意識して)

  • -がわからない
  • -を知りたい
  • -で稼ぎたい

ニーズを調べる

  • SEOキーワードを探す。「ラッコキーワード」で一番検索されるキーワードから書く
  • 描こうとしているGoogleで検索をしてTop10を分析。Googleで表示されるのはまとめサイトorインパクトのある体験談
  • 他のサイトのささる導入文の解説を分析

2、結果の明示:記事を読む価値(問題点に対する解決策)

  • -の方法5パターンを紹介します
  • -を判定するチェックリスト
  • 初心者が一番最初にやるべき-の方法

3、結果の根拠:記事の根拠や信頼性

  • 自分の体験談(行動を変えて人生こう変わりました、継続すれば上達する話とか)
  • 権威性
    -権威のある人の言葉を引用
    -自分の体験、経験年数、実績を利用
    -自分をブランド化する

4、行動:読者の行動を促す。(収益化の導線)

  • ブログの記事の存在価値
  • 全ての記事から宣伝、セールス、売り込みしない
  • 集客→収益→商品(もっと知りたい方はこちらの本を買ってみてください)

Step2:導入文を作る

作成した箇条書きの「問題定義」、「結果の明示」「結果の根拠」をそのまま使う。

問題定義→読者の悩み
「こう言った疑問に答えます。」

結果の明示→本記事の内容

結果の根拠→著者の経験
「この記事を書いている私は、ー歴がX年ほど。ーの実績があります。こう言った私が解説していきます。」

Step3:本文を作る

文章は最低限に

  • 結論を最初に。「-とは」とかはいらない。

まとめ形式

h2のタイトル スマホだけで稼げる副業をまとめました

その1 ネットショップ運営

  • どういう方法か
  • どれくらい稼げるのか
  • メリットデメリット

その2 デザイン制作

  • どういう方法か
  • どれくらい稼げるのか
  • メリットデメリット

主張形式

h2のタイトル ネット知識ゼロでも問題ない理由

  1. 主張:問題ありません
  2. 理由:誰でも最初は知識ゼロ(3つくらい)
  3. 具体例:自分のエピソード(2つくらい)
  4. 反論への理解:向き不向きがあるのでは?練習したら問題なし
  5. 主張:問題なし

「結論として問題ありません。ーーーーーなので」

 

Step4:タイトルをつける

キーワードを入れる

  • SEO最適化のためキーワードを入れる
  • キーワードは前半後半どこに入れてもいい

読者の疑問に答える見出し

  • ターゲットに刺さりそうなタイトルを意識する
    -数字を入れる。3つのコツ
    -目の引くワード。簡単、早い、実証されている

タイトルで煽らない

最後まで読まれないと結局SEOとして意味がない

Step5:順位計測、リライト

記事を出した後、自分の記事が何位まで行ったか確認する。うまく上がっていなかったら問題を深掘りして記事をリライトする。

タイトルとURLをコピーしました