【物価高】アメリカのハイパーインフレ現地調査2022.7

この記事は約9分で読めます。

アメリカは記録的インフレが進み、急激な物価高騰が起きています。最新のアメリカ労働統計局のデータを見ながら、深刻な物価高の上昇のリアルをアメリカからお届けします。

本日2022.7.11。相場は1ドル137.36 円です。約24年ぶりの円安水準になりました。

食べ物が高すぎ…

食べ物のインフレは家庭のお財布に大打撃です。

家庭用食品指数は過去12か月で11.9%上昇しました。特に肉、鶏肉、魚、卵は最も増加し、14.2%上昇し、卵の指数は32.2%上昇しています。果物と野菜も8.2%から12.6%の範囲で増加が見られました。

Consumer Price Index Summary - アメリカ労働統計局

1,卵12個入り1パックが700円(5ドル)

卵や牛乳の値段上昇は顕著です。半年前までは卵12玉入り1パックで4ドルも出せばお釣りが来ました。今や相場は約6ドル。すると日本円だと約800円ということになります。するとひとつあたりおよそ70円。1年前の同じ月と比べると4倍ほどの価格になりました。

この日のWhole foodsではアマゾンプライム割引で4.94ドルが最安値でした。商品によっては12個で10ドルもするものもあります。

Whole foods ・ 2022.7.11 / アマゾンプライム会員割引で12玉4.94ドル(約700円)

牛乳もこの半年で約倍になった体感です。いつも買っていたホールフーズの2%ファットの1ガロン牛乳。半年前までは3.5ドルも出せばお釣りがきました。しかし今日は5.29ドル(約725円)。日本の牛乳の多くは1000mlなので、1ガロン約3.785リットルで約4倍入っていると考えると1パック180円なので、まぁ妥当な気もしますが。。ちなみに私の大好きなSam’s club(Walmart系列のコストコのようなお店)ではまだ1ガロン3.5ドルくらいで購入できます。

Whole foods・2022.7 / 牛乳1ガロン5.29ドル(約700円)

2,まるちゃんやきそば3食入りが820円(5.99ドル)

円安にも関わらず、日系スーパーの値段は超高級です。

燃料の高騰原油の高騰が続いているほか、港の混雑や、トラックの運転手も足りておらず需要に供給が追いついていないそうです。

Mituwa・2022.7.11 / やきそば3食入り5.99ドル(820円) 袋ラーメンもそれくらいの値段。
Mituwa・2022.7.11/ 500gキューピーマヨネーズ8.99ドル(約1200円)
Mituwa・2022.7.11 / めんつゆ13.99ドル(約2000円)
Mituwa・2022.7.11 / 納豆3個入り3.79ドル(約500円) にも関わらずかなり品薄
Mituwa・2022.7.11 / 味噌9.99ドル(1,300円)

レストランが高すぎ…

1,くら寿司1皿550円

くら寿司はアメリカにもたくさん店舗があり、アジア人だけでなく欧米人にも大人気です。我が家は6歳の息子が好き過ぎるのでよく行きますが、値段上昇に驚いています。テキサスに来たばかりの頃は一律価格で1皿2.5ドルでしたが、現在は3.10ドル。そこに消費税8%と平均的なチップ20%を足すと1皿4.017ドル。1ドル137円とすると一皿550円です。一方味のクオリティは、日本のくら寿司とは比べものにならないくらいがっかりで、ヒューストンに住む中国人の友達は「中国クオリティでまずいから絶対に行かない」と断言していました。

ちなみにアメリカのくら寿司にもビッくらポンという食べただけ回せるガチャガチャのようなものがあります。アメリカは日本のように5皿で1回のくじではなく15皿で1回必ずもらえるシステムです。なので息子的には絶対に15皿食べなくてはいけませんw 550円のお寿司を15皿食べると8,250円の外食になります。日本だったらその値段を払えば相当いいお寿司を食べられます。

Kura revolving sushi bar

2,ラーメン1杯3000円

アメリカでは2.3年前からラーメンブームで、日本のラーメン屋さんが進出してくれています。例えば一風堂や大勝軒、ラーメン二郎など、とっても美味しいしありがたいのですが、なかなかのいいお値段をしています。19ドルのラーメン+tipsだと、1杯25ドルですね。。円ベースで考えると1杯3,373円。

値段は高くてもお客さんでいつも賑わっており、日本人としては嬉しく思います。我が家的には、3000円のラーメンをパパママ息子で3杯頼んで9000円はかなりの贅沢品なので、お家で作って食べることが多いです。

お家で作ると、前述の通りチルドの袋麺3食入り5.99ドル(820円)+です。高い…。

3,プレッツェルチェーン店、プレッツェル1つで700円

先日息子がお腹が空いたというので、アメリカのショッピングセンターにかなりよく見かけるプレッツェルやさんのWetzel’s Pretzelsに立ち寄りました。プレッツェル1つで4.69ドル+tax(700円)ちっこいプレッツェルがカップに入って$7.69+tax。 えええ!?半年前こんな高くなかったよね…????これじゃ全くお腹いっぱいにならない😢さらに店頭メニューには値段表記すらされていませんでしたが、コーラとプレッツェル1つとディップソース1つのセットだと15ドル(約1800円)と言われました..ちょっとつまむおやつとしては高すぎる…。

こういう店舗をショッピングセンターでよく見かけます。
プレッツェル1つで650円(4.69ドル+tax) アミューズメントパークか何かかな。。
1カップで$7.69+tax 実際この写真ほどもりもり立派には入っていない…

チップの設定のトレンドが上がった…

アメリカではレストランを利用した時などチップを求められますが、相場(というかトレンド)が変わりつつあります。2014年、私たちがアメリカに移住した当時はカリフォルニアでも18%くらいが妥当かなという印象がありました。レシートにチップの推奨金額が書いてあることが多く、15%=XXドル、18%=XXドル,20%=XXドルとあることが多かったです。

コロナが開けてから感じることですが、その推奨がえげつないです。以前はレシートを渡されてペンでチップを書き込んで返すということが多かったですが、カルフォルニアでもテキサスでも、最近はタッチパネルや携帯での決済でチップ金額を選ばされることが増えました。その推奨金額を見て驚きます。20%=XXドル,25%=XXドル,30%=XXドル,カスタムの4択をよく見かけます。カスタムは自由に金額を設定できますが、大抵の人は数字の選択肢の中から選ぶのではないでしょうか。最低でも20%は払ってよねと暗黙の言葉が聞こえてきます。

エネルギーが高すぎ…

ガソリン価格の上昇

今日のテキサスは、我が家最寄りのガソリンスタンで1ガロンあたり4.20ドルでした。テキサス州ダラスはコロナ前は1ドル台だったのに、1週間前なんて4ドル後半になってしまい驚きました…。アメリカは広くて走行距離が半端ないので、ガソリンの減るスピードがえげつなくて家庭にも物流にも大打撃です。

ちなみに本日の日本の ガソリン価格全国平均 はレギュラーで1リットル167円です。アメリカの1ガロンとは約3.785リットルなので、ガロンあたり632.095円になります。日本もガソリン高いですよね。

エネルギー指数は過去12か月で34.6%上昇しました。ガソリン指数は48.7パーセント増加、燃料油の指数は2倍以上になり、106.7%上昇しました。これは、1935年以来最大の増加を表しています。

Consumer Price Index Summary - アメリカ労働統計局
AAAのガソリンの値段 2022.7.11

賃貸価格が高すぎ…

アメリカは賃貸を1年更新で契約することが多いです。例えばカルフォルニア州のフォスターシティ(サンフランシスコから車で南に1時間ほど)で住んでいた家は1ベッドルームのアパートメント(700 sq. ft.)で、初年度は月額家賃3200ドルでしたが、2年目の更新時には月額3400ドルに上がりました。あまりにも借りる側に不利なことが社会問題となり、2021年頃にはカリフォルニアでは急激すぎる家賃上昇をしてはいけないという法律ができたほどです。

フォスターシティの時に私たちが住んでいた1ベッドの間取り。毎月の家賃37万円ほど。+水道光熱費や管理費など。

私たちは2022年にテキサス州北ダラスに引っ越してきましたが、テキサスは更新時に賃貸料をあげてはいけないという法律がまだないようで、今は住む2ベッドルーム2バスのアパート(1,000 sq. ft.)は初年度は毎月1800ドル、2年目で2100ドルと言われました。

北ダラスは人口流入が全米1位クラスとも言われるホットな街ですが、毎年このレベルで家賃が上がっていくなんて、たまったものではありません。。去年はコロナで金利が低かったので住宅購入のラッシュで、家を買ってアパートメントから出て行く人が後を絶ちませんでした。それでもどんどん他州から新しい人が引っ越してきているので、私たちの住むアパートはまだまだ貸し手が強い状態です。

アメリカ人はインフレをどう感じているのか

CNBCの記事によると、労働者の66%は過去12か月に増えた給料よりもインフレの方が大きいと答えています。一方、19%はインフレに応じて給与の増加がほぼ同じに行われたと答え、13%は、インフレよりも給与が増加したと述べています。

Sixty-six percent of workers say inflation has outpaced any salary gains they’ve made in the past 12 months, while 19% say increases in their salary have about matched inflation and 13% say their salary has increased more than inflation. 

CNBC – https://www.cnbc.com/2022/05/27/two-thirds-of-american-workers-say-pay-not-keeping-up-with-inflation.html

日本に比べれば給料の上がり方もインフレに追いついている企業が多いのでしょう。インフレに加えて、人手不足から人件費をあげる動きも加速しています。

消費の傾向としては、高くても良いものなら買う風潮があるので、高級レストランでもお客さんでいっぱいですし、スーパーマーケットでもカゴいっぱい買っているのをよく見かけます。

とはいえ、コストコのような安いスーパーやガソリンスタンドには、コロナ前以上に大行列ができているので、少しでも安くしたいと思う消費者は結構な割合でいるようです。

おわりに

納豆買いたい…。贅沢していないのに全てのものが高価すぎて鬱。

コメント嬉しいです

今日は初めてアメリカ生活のリアルブログを書いてみましたが、笑えないリアルな現実を、ブログを通して楽しんでいただけたら嬉しいです。

皆さんはどのような記事があったら楽しいと思いますか??ブログやTwitterにコメントいただけたら嬉しいです。私が今、考えているのはこんな記事w

光編

  • テスラのテストライドしてみた!テスラのUIUXについて
  • Uberの運転手さんをやってみた!UberのUIUXについて
  • 子供の英語が6歳になって突然爆伸びした理由、アメリカの公立小学校について
  • アメリカすご!

闇編

  • 今月の目が点w
  • インフレがえぐいw
  • アメリカの小学校の給食の栄養価が…
  • アメリカで最低すぎるサービスが最低w
  • え、まじで、かんべん、してくださいwww

コメント