日本からの海外送金(ペイパルを使おうと思いましたが…)

海外送金頂くにあたって、比較しているサイトを参考にしました。ペイパルを使おうと思っていましたがWiseというロンドン企業のサービスが気になりました。

海外送金サービスの選び方

ペイパルは送金手数料は少ないですが、為替レートに為替手数料が含まれているので、10万円送金してもらった場合にはWiseのほうが受取額が多くなるようです。さらに大きな金額になった場合はWiseの方がさらにお得なことがわかりました。

ペイパルWise
送金手数料1件あたり499円1件あたり1,256円(アメリカ)
受け取り手数料かかる0
為替レート実際の為替レート(+為替手数料)実際の為替レート(上乗せ無し)
為替手数料1件につき4.1% +40円なし
銀行手数料送金側負担4%or受取側負担3%無し
10万円をアメリカに送金(約123円)839.14ドル803.69ドル

Upworkのダイレクトコントラクト

一般的にUpworkにある案件は、クライアントが決めた額からUpwork利用手数料20%が引かれた金額がワーカーに支払われます。1000ドルの案件の場合、200ドルが手数料でワーカーは800ドルの受け取りですね。ちなみにクライアント側からもUpworkに20%取られています。Upworkから口座に直接講座に送金するには手数料はかからないようです。ルーチンでお金を引出す際は、毎回2ドルの手数料がかかってきます。

UpworkのDirect Contractsはクライアント側がアップワークスを使っていない場合に使用できるようです。手数料は3.4%になります。1000ドルの案件だと34ドルの手数料で966ドルとは。だいぶお得ですね。ホント!?右上の紙飛行機マークからクライアント様にプロポーザルをお送りできます。