シリコンバレーUIUXデザイナーによる、稼げるフリーランスのすすめ

アメリカデザイナー採用担当者の着眼点チェックリスト(書類選考編)

雑記

アメリカデザイナー採用担当者の着眼点

アメリカのデザイナーの採用担当者に、レジュメを受け取った際の着眼点を伺ったところ、以下の4つの点を約3-5分見て面接に進めるかどうか判断するそうです。モバイルから見ている場合も少なくないとのことで、特にポートフォリオはモバイル対応をきちんとしたほうがよさそうです。また、当然ですが誤字脱字はマイナス印象です。

  • どこからアプライしてきたか
  • レジュメ / カバーレター
  • LinkedIn
  • ポートフォリオ

どこから応募してきたか

  • 紹介者(リファーラル)からの応募か

レジュメ (履歴書)/ カバーレター

もちろん日本のように手書きではありません。PDFなどパソコンで作ったレジュメとカバーレターを送付します。

  • カバーレターがついているか
  • レジュメの実務経験歴
  • レジュメのビジュアルクオリティ
  • どのようなハードスキルがあるか(ツール、マーケティング、ドメイン)

LinkedIn

  • LinkedInのレコメンデーション(過去に一緒に働いた人などに書いてもらう欄)
  • LinkedInのフォロワー数(極端に少ないとマイナス印象)

ポートフォリオ(モバイルからの閲覧の可能性も高い)

  • ポートフォリオがテンプレではなく、オリジナリティがあるか。かといって個性を追わないこと。
  • デザインワークを端的にまとめているか
  • 考えのプロセスが明確か
  • Wix/Squarespaceで作られている(サービス名指定でマイナス印象とのこと)
  • モバイルだけ等(自社に合わない偏りすぎている経験だとマイナス印象)
タイトルとURLをコピーしました