ユーザーシナリオを作成する(UXデザイン)

この記事は約2分で読めます。

シナリオとは、ペルソナが目的に辿り着くまでの基本的な流れのことです。

ユーザーシナリオ作成の目的

誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どうやって問題解決するのかを考え、仮説のサクセスストーリーを作ります。ゴールを達成するまで、どのような行動や心理をするのかを予測して可視化し、その仮説を検証することでユーザーのニーズを見つけることができます。

「行動を喚起するため、ユーザーの心理にどのような変化を起こさなければならないのか」「どうすれば、そのような変化を起こせるのか」を理解することによって、ユーザー行動に再現性が生まれます。

ユーザーシナリオを作成する

ペルソナに対してタスクを設定する

ペルソナがプロダクトに対してどのような行動を起こすか、段階的に仮説を立てます。

環境状況を設定する

環境—ペルソナがプロダクトを使用する場所を設定します。
精神性—その場面でのペルソナの心理状況を設定します。
動機—ペルソナがこのプロダクトを使用するのはなぜでしょうか。そしてなぜそのタイミングなのでしょうか。何がシナリオの引き金となっているのでしょう。
利用に影響を与えている外的要因—プロダクトを使用する際の問題、障害等を設定します。

動機と思考プロセスをシナリオにする

1)誰が(ペルソナ)
2)どういう状況にいて(スタート)
3)何をするために(ゴール)
4)何を見て、何を考えて、どう行動するのか(プロセス)

ペルソナは、XX(イベント)のためにXX(コンテンツを探す)必要がありました。
XX(検索)して、XX(気に入ったコンテンツの詳細)やXX(レビューを読み)ます。XX(コンテンツを買い物かごに入れ)、XX(決済)しました。
ペルソナはXX(目的のコンテンツを見つけ)、自分の目的を達成しました。

ユーザーシナリオの検証

検証すべきはデザインそのものではなく、その要件としてのシナリオです。

  • 量的な検証:シナリオにもとづくデザインによって、どのような数字が出たか(アクセス解析等)
  • 質的な検証:シナリオに書かれたユーザー心理の変化が実際に起きたか(ユーザーテスト等)

デザイン要件を抽出

「XXという行動を喚起するために、ユーザーの心理にXXという変化を起こすこと」

  • ユーザーの心理にどのような変化を起こさなければならないのか

  • どうやって、そのような変化を起こすのか
  • それを果たすために何が必要かという観点で、ナビゲーション、コンテンツなどのデザイン要件を抽出します。

    コメント