UXの着眼点 – ランディングページ

ランディングページのUXの着眼点を確認していきましょう。

トップページのヘッドライン文字

一番最初に目に飛び込んでくる文字は一番重要です。そこしか見られないかもしれません。

1、ユーザー様のペインポイントが強調されていますか?

2、ユーザー様が検索してきたであろうキーワードを入れましょう
ヘッドラインには、検索キーワードを入れるべきです。例えばマットレスを検索してきた人がいたら、サイトのヘッドラインには「マットレス」のキーワードを入れます。

3、視覚的に読みやすい文字を使いましょう
背景には文字が被らないようにしましょう。

ヒーローイメージ写真

1、商品を使用しているイメージを使いましょう
抽象的な絵よりは、使用を想像できると良いです。

ボタン

1、押してもらいたいボタンを明確にします
プライマリのCTAは1つにすること。2つ以上だとするとコントラストをつけましょう。Learn more と watch videoなど似た内容のボタンは避けたほうがいいです。それよりもTry for free とwatch videoなど明確に違うものを並べましょう。

2、目につきやすい色か
ボタンの色やサイズ。アイキャッチする?サイズは十分に大きい?バックグラウンドが無いなどクリックするテキストが小さすぎないか。色にコントラストが十分にある?

3、ボタンはファーストビューに入れましょう。
スクロールした先では見てもらえない可能性があります。

コンテンツ

1、信頼してもらえるリソースを表示する
電話番号や、チャットお問い合わせ機能、ユーザーレビュー

2、なぜ買うのかが伝わるようなコンテンツ
その商品ならではのポイントを書いたり、バリューを伝えます。

リソース